癌治療における高度先進医療の技術

高度先進医療は最新の医療機器を用いての治療となるため、限られた医療機関のみで提供されているものです。具体的には、脳外科や臓器移植、癌治療の分野などが挙げられます。とりわけ癌治療の分野では放射線の一種である重粒子線治療などが行われており、がん細胞に重粒子(炭素イオン)を照射させる事で、特定の部位のがん細胞を破壊することができます。そのため、癌治療で広く普及している化学療法や外科的な手法を用いるよりも患者の身体に負担の少ない治療とされ、治療の効果と共に癌治療後の生存率も向上することが知られています。重粒子線治療についての詳細は、こちらのページで知ることが出来ます。

高度先進医療では複数の医療スタッフが一人の患者のケアを担当する事で、より細かで組織的なケアが出来るようになっているのがメリットです。そして、二十四時間体制での看護となるために、健康状態の変化にも素早く対応する事ができます。また、患者の情報は随時記録され、各医療スタッフに定期的に知らせられるので、病状の急変に対しても素早い情報伝達ができ、各医療スタッフが迅速に対応できる利点も見られます。高度先進医療では個々の役割分担が明確になり、看護師でもその専門性を活かしクリニカルパスに従事したり、感染症対策や緩和ケアなど、個々の専門的な技術が活かされるようになっているのが特徴です。これらの理由から、癌治療などの分野では最新の医療法が急速に普及しつつあり、標準的な治療では対応が困難になるケースで最新の医療技術が活用されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です